2017年07月09日

夏の稽古はご用心

ごきげんよう。
浜アリのライブに未練たらたらで
DVDポチりそうな更新担当です。

昨日から一気に暑くなりましたあせあせ(飛び散る汗)
今年は今のところは近年のような連日猛暑地獄晴れ
にはなっていませんが、
天気予報を見るとじわじわ来てますね……ふらふら
冬はまだいいんです。
着込めば寒さしのげますから。
でも夏はそうはいかないから嫌なんですむかっ(怒り)
そんな夏場の稽古は注意することがたくさんあります。

怖いのがやっぱり、熱中症
高齢者がなりやすいといわれますが、
高齢者だけでなく若くてもなりやすい人はいるので、
高齢者ばかりに気を取られないようにしてください。
朝食を食べない人、寝不足の人、体が暑さに慣れていない人も
熱中症にかかりやすいので要注意
exclamation×2

稽古のときは無理せず、必ず水分を取ってください。
休憩時間じゃなくても場所長にひとこと言えば問題ありませんし、
場所によっては「水分補給はご自由に」としているところもあります。
「喉渇いた」と思ってからだと、
すでにある程度の脱水が始まっているといいます。
早め早めに少量ずつ飲んで脱水を防ぎましょう
水やお茶系飲料は塩分が不足するので、塩分補給を忘れずにexclamation
ちなみに、私は汗をかきそうだなと思うときは、
お茶ににがりを1〜2滴垂らします
(塩入れたら味が変わっちゃうので)。

スポーツドリンクは糖分が多いので糖質の過剰摂取に注意。
いちばん無難なのは経口補水液でしょう。

水分補給以外だと体の熱を逃がすことも大事exclamation
風通しよくして風にあたったり、
水で濡らしたタオルや保冷材を使って冷やしたり、
体に熱がこもらないようにしましょう。
どうしても稽古着って暑いのでたらーっ(汗)
襦袢の代わりに吸湿速乾のTシャツを着るとか、
通気性のいい稽古着を買うという手もあります。
公式行事や大会、審査でなければ公式の稽古着でなくてもOKです。

それから、
寝不足、疲れが溜まっているときは
稽古に行くのを控えましょう。

稽古に行くより、休めるときに休んでください。
どうしても稽古がしたいという場合は家で稽古しましょう。
刀を振ることだけが稽古じゃあありません。
刀を握って感覚を掴むだけでもいいんです。
足の運びや体重の移動だったら刀なしでできます。
教本やDVDを見るのもいいでしょう。
できることは意外とたくさんありますよひらめき

熱中症対策に関しては、以下のサイトに情報がたくさんあります。
http://www.kakuredassui.jp/
中でも、このサイトのダウンロードページにある
「クラブ活動中の熱中症予防と対策」
という資料は稽古でも役立つ情報満載ですよひらめき
posted by 丹新会 at 23:03| 稽古