2017年04月16日

バッグの話、その1

ごきげんよう。
近頃いろいろ買い替えて出費が激しい更新担当です。
時計に財布と高額出費が続くなか、
稽古に使用しているバッグもへたってきました。
これもそろそろ買い替え時か……orz

そんな流れで、今度はバッグの話です。
稽古道具を入れるバッグ、
皆さんはどんなものを使っているでしょうか。
刀を入れるケースや稽古着を入れるバッグなど
今回は稽古道具の持ち歩きについて語ってみようと思います。

ド定番はなんといってもコレ、御刀ケースexclamation

KIMG0584.JPG

武道具店に行けば3000円くらいで買えます。
柔らかな皮でできていて、しっとりした光沢感。
これを担げばいかにも「居合の人」らしく、
フレッシュな気分で稽古に通えることでしょうぴかぴか(新しい)
道端や人込みの中で同業者とすれ違っても
「あっ、あの人、居合やってるな」と一目瞭然、
自己紹介は不要です。
刀一本、きれいに入るように作られており、
ベルトの長さ調節も簡単。
スリムでありながら模擬刀だけでなく、
木刀(鍔を外した状態)も一本なら入れられます。
もし模擬刀と木刀(大・小)すべて入れたいなら、
倍の大きさの御刀ケースがありますよexclamation
お値段も倍になりますがたらーっ(汗)

しかしこの御刀ケース、一つ欠点があります。
ベルト部分の金具が外れやすいんですもうやだ〜(悲しい顔)
私も何度も金具が外れて、
突然ケースが肩からずり落ちることがありましたバッド(下向き矢印)

そんなお悩みを解消してくれるのが、
100均でも買える、カードリングexclamation
金具部分を上下ともにカードリングに替えたら
金具が外れることなく、快適に使えるようになりましたわーい(嬉しい顔)

KIMG0585.JPG

自転車のときも片方の肩にかけて乗れますし、
電車のときもほとんど場所を取らないので、
なかなか優秀なアイテムですexclamation
posted by 丹新会 at 18:53| 雑記