2017年04月02日

木刀の話、その4

ごきげんよう。
またまた坐骨神経痛(?)が出てきた更新担当です。
前回ですっきり終わったかに見えた木刀の話ですが、
一つ書き忘れておりました。
組太刀やるならコレがないといけません。

木刀の鍔と鍔止めです。

そんなに多く語れるほどの材料でもない気がしますが、
最後はそんな鍔と鍔止めについて書いてみます。

木刀の鍔と鍔止めは、木刀を買った際に
タダでくれるお店もあります。
別売りで買っても、安いプラスチック鍔なら
せいぜい数十円程度のものです。
二つ合わせて100円ちょっとだった気がします。

そんな鍔と鍔止めというものは、こんな感じです。

boku4.jpg

両方セットになっているものと、
別々になっているものとがあります。
ほとんどの人は後者を使用していると思います。
まれに前者を使用している人も見かけます。

前者はこれ一つはめるだけ。
後者の場合は鍔を木刀に通したあと、
鍔止め(イカリングみたいなやつ)をはめて鍔を押さえます。
この鍔止めがなかなか硬くて、
はめるのにちょっと手間がかかりますあせあせ(飛び散る汗)
なんとなく、前者のほうが楽そうです。

私が持っているのは後者なので
前者の使用感はよくわかりませんが、
一度ビックリ現象を体感したことがあります。

真向に振ったときに、
ポーンと鍔が飛んでいってしまったのです
がく〜(落胆した顔)

木刀の鍔は前者にしても後者にしても、
打ち合いを続けていると緩んできます。
私、「いちいち直すのは面倒だ」と思って
鍔の隙間をボンドで埋めて固めたことがありますが、
まったくの無駄でした。
打ち合っているうちに粘着力が低下して結局、元どおり。
というわけで、今は悪あがきはしていません。

後者の場合は鍔止めが押さえとして機能してさえいれば、
鍔が飛んでいくことはありません。
しかしこのイカリング、
ゴムなのでそのうちひび割れてボロボロになってきますバッド(下向き矢印)
押さえとして機能しなければ一体型と変わりません。
鍔が飛んでいってしまいます。

結局のところ、大事なのはメンテナンスなので、
一体型と別々型、どちらを選ぶかはお好みでOKexclamation
どちらにしても、常日頃からチェックして目
緩くなってきたときは早めに交換しましょうexclamation

鍔について、もう一つ。
多くの人が使っているだろうプラスチックの鍔は
安くて入手が楽なのがメリットですが、
衝撃に弱いという欠点があります。
安いだけあって、耐久性はよくないんですもうやだ〜(悲しい顔)
ふとした瞬間に割れることがあるので注意どんっ(衝撃)
「割れるなんて怖いがく〜(落胆した顔)
「割れにくい丈夫な鍔が欲しいexclamation
という方は、革鍔にしましょう。
その名のとおり革でできた鍔で、意外と硬くて割れにくいそうです。
その分お値段もお高めで数千円しますが……。

「そんなに多く語れるほどの材料でもない」
とか言っといて、結局こんなに長くなってしまいましたたらーっ(汗)
以上で今度こそ、木刀の話は終了です。
次はバッグの話でもしようかなひらめき
しかしいつになることやら……たらーっ(汗)
posted by 丹新会 at 23:13| 雑記